【ゼノブレイド2】属性玉とは?チェインアタックのやり方を徹底解説!

チェインアタックはゼノブレイドの戦闘において、とても重要なものです。
ですが、戦闘面では覚えることが多いしチュートリアルもイマイチ理解できない…

そこで今回は、ゼノブレイド2を500時間以上プレイしているナギが

  • 属性玉とは何か?
  • 属性玉のつけ方
  • チェインアタックのやり方

を徹底解説していきます!

ナギ

チェインアタックが上手くできれば、バトルがより爽快になりますよ!

属性玉とは?

属性玉とは、画像のような敵の周りを飛ぶ玉のことです。

属性玉は全部で8種類(炎・水・雷・地・風・氷・闇・光)あり、ブレイドコンボでつけていくことができます。

属性玉をつけることで、敵にその属性の耐性がついてしまうので不利になってしまいますが、属性玉はチェインアタックをするために必要不可欠なものなので、まずは属性玉についてしっかり理解していきましょう!

”反属性”を知っておこう

反属性とは、簡単にいうと属性のタイプ相性のようなものです。

反属性の相性一覧

炎⇔水
雷⇔地
風⇔氷
闇⇔光

敵につけた属性玉を反属性の技で割ることで属性玉が割れやすく、チェインアタックが繋がりやすくなりますので、上記の属性の相性は覚えましょう!

詳しくはのちほど解説します。

属性玉のつけ方

属性玉はブレイドコンボでつけていきます。

☟ ブレイドコンボのやり方など詳しい解説はこちら
【ゼノブレイド2】ブレイドコンボのやり方を徹底解説!3つのコツと必殺技のレベルの見かた

チェインアタックのやり方

敵に属性玉をつけ、ドライバーアーツやブレイドの必殺技などでチェインゲージを3メモリ溜めたら、チェインアタックを発動しましょう。

属性玉を反属性の必殺技で割る

チェインアタックは、1周目が終わるまでに最低1つ属性玉を割らなければ2周目、3周目…と繋がりません。

1つの属性玉を割るためには、必殺技3回分のダメージを与える必要があります。

反属性の必殺技でダメージを与えることで2回分のダメージが入るので属性玉が割れやすく、結果チェインアタックが繋がりやすくなります。

MEMO
反属性の必殺技を使わない場合は、ついている属性玉にランダムに攻撃してしまうので、狙った属性玉を割ることができません。

反属性で割れる属性玉には、下記画像のようなエフェクトがついているのでわかりやすいです。

画像では風属性以外がエフェクトついています。

属性玉を割ってフルバーストさせる

チェインアタック中の画面左上にはゲージがあり、属性玉を割るごとにゲージが溜まっていきます。

ゲージをMAXにした状態をフルバーストといい、フルバーストすればレベルⅣの必殺技を発動しチェインアタックは終了になります。

属性玉を5つ程度(覚醒ホムラ・ヒカリがいれば4つ)割ればフルバーストします。

フルバーストした際、残った属性玉はすべて割れ、ダメージ倍率に換算されます。
属性玉が多いほどダメージ倍率が高くなり、大ダメージを与えることができます。

属性玉8つすべてつけフルバーストすれば、本作最強ユニークモンスター『暴虐巨神獣クロダイル(Lv130)』でさえもダメージカンストすることも。
一瞬で溶けますよ(笑)

まとめ:パーティ構成がキーポイント

上手くチェインアタックを繋げフルバーストするためには、出来るだけ多くの属性玉をつけ、反属性の必殺技で確実に割る必要があることがわかりましたね!

そのためには、パーティ構成をしっかり練ることがチェインアタック成功のキーポイントではないかと私は考えます(^^)

色んなブレイドを仲間にして最強のパーティにしましょう!

ナギおすすめ記事
【ゼノブレイド2】最強のバトルスキル「ボールメーカー」の効果と使い方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください