【レビュー・ゲーム紹介】ゼノブレイド2はおもしろい?ネタバレ無しで徹底解説【総プレイ700時間】

Nintendo Switchソフト「大乱闘スマッシュブラザーズ」の追加ファイターで、ゼノブレイド2のヒロイン”ホムラ/ヒカリ”の参戦が決定したことにより、ゼノブレイド2が再注目されていますね😊

そこで今回の記事では、

  1. ゼノブレイド2はどんなゲームか
  2. ゼノブレイド2はおもしろいのか
  3. クリアまでかかったプレイ時間
  4. ゲームの難易度
  5. 2から始めても問題ないか
  6. エキスパンション・パスについて

など、ゼノブレイド2という作品が気になっている人の疑問にお答えしていきます!

ナギ

700時間プレイしている私がゼノブレイド2を徹底的にレビュー・紹介しますよ~!

ゼノブレイド2ってどんなゲーム?

ゼノブレイド2とは、2017年にNintendo Switchソフトで発売されたオープンワールド型のRPGです。

ゼノブレイドシリーズとしては「ゼノブレイド」「ゼノブレイドクロス」に続く3作目にあたる作品です。

天空にそびえ立つ「世界樹」を中心に広がる雲海の世界「アルスト」。アルストができる遥かな昔、人は世界樹の上に住む創生の「神」と共に暮らしていたという。天空に築かれた豊穣の大地。昼を夜に、雨を晴れにすることもできる理想郷。

 

人はそこを「楽園」と呼んでいた。

 

だがある日、人は楽園を追われアルストに移り住む。アルストに移り住んだ人は、その過酷な環境に耐えられず、長く生きることは出来なかった。やがて人類が滅亡の危機に陥ったとき、憐れに思った神は自らの僕である「巨神獣(アルス)」を遣わし、人を救った。僅かに生き残った人は巨神獣へと移り住み、幾万もの昼と夜を共に過ごした。それが、アルスのすむ世界、「アルスト」だ。

 

こうして、人々は巨神獣に国を築くことで生きるようになった。しかし、いつしか巨神獣は老齢に達し、寿命を迎えた巨神獣は雲海へと沈んでいってしまう。寄辺を失った人々の混乱が世界にひずみを生み出し始めていた。

 

主人公のレックスは、雲海から資材や古代文明の遺物を引き揚げるサルベージを生業とする少年。楽園につながる何かを見つけるためにサルベージャーになった。現在は故郷を離れ、小型の巨神獣「じっちゃん」の背中の上で暮らしている。ある日、秘密結社“イーラ“にサルベージャーとしての腕を買われ、沈没船からの物資回収の依頼をされたレックスは、船内で「天の聖杯」と呼ばれるブレイドの少女ホムラを発見する。レックスは、ホムラの前に置いている剣に触ろうとした。その時イーラのナンバー2メツに「小僧ぉ、そいつに触るんじゃねぇ」といわれたが、しかしその時、手がいっていてその剣のコアクリスタルに触ってしまっていた。その直後、“イーラ”の首魁シンによって命を奪われてしまう。レックスは記憶の世界の楽園でホムラに会う。

 

ホムラに命を救われたレックスは、彼女と運命を共有する“天の聖杯のドライバー”として、楽園に連れていってほしいというホムラの願いを叶えるため、「天の聖杯」をめぐるさまざまな謀略や、国家間の対立などと対峙しながら、世界の中心“世界樹”の上にあるという伝説の地、“楽園”を目指す。

Wikipediaより引用

主人公のレックス

前作「ゼノブレイド」の主人公シュルクは青年だったので、レックスを初めて見たときは「えっ、子ども?!」と思っていたのですが、物語を通して中身が成長していくところも本作の魅力の一つです。

 

余談ですが、敵組織イーラ陣のキャラクターデザインはFFシリーズでおなじみの「野村哲也」さんが務めています!

イーラの首魁・シン


ゲームの紹介映像

 

ストーリーのあらすじ

ゼノブレイド2はこんなゲーム!
  • オープンワールドな世界の探索
  • 強力なユニークモンスターとのバトル
  • コンボを駆使した爽快なバトル
  • 敵も憎めない最後まで切ないストーリー
  • カッコよすぎるBGM
  • 見応えあるムービー

オープンワールドで広大な世界の探索

ゼノブレイドシリーズはオープンワールドで広大な世界の探索も醍醐味の一つ。

あても無くフィールドを探索していると”秘境”という絶景ポイントに辿り着くことも!

 

天候や時間帯によっても違った風景を楽しむことができます。

ナギ

夜の桜吹雪がお気に入り!

強力なユニークモンスターとのバトル

フィールド上には通常のモンスターの中に、「ユニークモンスター」という二つ名を持った強力なモンスターが紛れています。

通常モンスターと比べてレベルも高く、中にはラスボス以上に強いユニークモンスターも…。

ナギ

序盤でレベルが1桁の時にレベル80超えのユニークモンスターに追い回されたのは良い思い出です。

コンボを駆使した爽快なバトル

コンボだけでも「ドライバーコンボ」「ブレイドコンボ」「フュージョンコンボ」などあります。

中でも一番の大技コンボ「チェインアタック」は、パーティ全員で繋げていくとても強力なコンボ。

レベルが高いモンスターやボスに対してもチェインアタックを上手く駆使すれば、サクサクッとダメージを削っていくことができるので、爽快で気持ちのいい戦闘です。

敵も憎めない最後まで切ないストーリー

ブレイドのコアクリスタル

ブレイドとはドライバーがコアクリスタルを同調することで生まれる有機生命体なのですが、人と同じように言葉を話しますし感情もあります。

ドライバーとブレイドはパートナーとして毎日苦楽を共にし絆を深め、男女の中には結婚に至るパートナーも。

しかし、コアが破壊されたりドライバーが死んでしまうとブレイドは再びコアに戻り、次に別のドライバーと同調し生まれたときには以前までの記憶は忘れてしまいます。

このようなブレイドの理が物語のキーポイントとなります。

 

ネタバレになるので詳しくは書けませんが…所々で伏線を張ったり、レックス側と悪役のリンクする部分がいくつもあり、演出がとても上手く作りこまれています。

かっこいい戦闘BGM

戦闘BGM、特にユニークモンスターとの戦闘BGMはファンの間でもかなり人気です。

戦闘だけでなくイベントシーンやフィールドBGMも名曲揃いで、つい音量をデカめでプレイしてしまいます(笑)

見応えあるムービー

ゼノブレイドシリーズ3作品の中でもストーリー性を一番重視している印象で、そのためかムービーが他作品に比べて多めです!

ストーリーは1話~10話で構成されていて、特に各話ラストのムービーはとても見応えあるものになっています。


サブキャラまで豪華すぎる声優陣

ゼノブレイドシリーズの中でも、特にゼノブレイド2は声優の数が多く、なお且つとんでもなく豪華です!(以下、敬称略)

キャラクター 声優
レックス 下野紘
ホムラ/ヒカリ 下地紫野
ニア 大和田仁美
ビャッコ 稲田徹
トラ 野中藍
ハナ 久野美咲
メレフ 斎賀みつき
カグツチ 伊藤静
ジーク 津田健次郎
サイカ 広橋涼
じっちゃん(セイリュウ) 千葉繁
メツ 中村悠一
シン 櫻井孝宏
サタヒコ 浪川大輔
ヨシツネ 島﨑信長
ベンケイ のぐちゆり
マルベーニ 諏訪部順一
ラウラ 早見沙織

さらに、サブキャラクターでは

浅沼晋太郎、石田彰、宮野真守、悠木碧、KENN、石原夏織、小清水亜美、能登麻美子、日笠陽子、前野智昭、赤﨑千夏、平野綾、遠藤綾、古谷徹、竹達彩奈、佐倉綾音、M・A・O、阪口大助、勝杏里、三ツ矢雄二、大塚明夫、玄田哲章

などなど、サブキャラとは思えないほどの声優陣です…!(これでも全員書ききれていません)

ナギ

アニメ好き、声優さんに詳しい人はこのヤバさがわかるのでは…(笑)

実際プレイしておもしろかった?

結論から言うとストーリーも戦闘もめちゃくちゃおもしろかったです!

序盤からおもしろいのですが、進めていくにつれどんどん続きが気になる展開になっていきます。

 

ストーリーのキーポイントが「記憶」「思い出」「絆」で、ムービーの細かいところ(表情や表現など)まで本当に良く作られているなぁ…と観るたびに感じます。

エンディングのムービーはスタッフロール含め約40分あるのですが、めちゃくちゃ泣きましたね(´;ω;`)
終わった後の余韻がすごかったのを4年経った今でもはっきり覚えています。
壮大なアニメ映画を観終わったかのような感覚でした。

クリアまでかかった時間

ストーリーのクリアまで100時間ほどだったかと思います。(サブクエストなどのやりこみ要素も半分ほど進めながらプレイしていました。)

「100時間って長っ!」と思うかもしれませんが、ゼノブレイドシリーズは実際プレイしているとすぐに100時間行きますよ。(ゼノブレイドあるあるの一つです。笑)

ゲームの難易度

難易度はゼノブレイドシリーズの中では一番易しいです。

RPGに不慣れな人にとっては、もしかしたら難しく感じるかもしれませんが、戦闘は敵とのレベル差補正があるためレベルさえ上げれば難なくクリアできます。
戦闘システム、コンボのやり方は慣れれば上手く決まった時とても気持ちいいですよ!

ナギ

戦闘はテクニックよりも装備やステータス重視なので、アクションが苦手という人でも比較的プレイしやすいかと思います!


2から始めても問題ない?

ゼノブレイド2というナンバリングが付いていますが、前作「ゼノブレイド」「ゼノブレイドクロス」とのストーリーの直接的な繋がりはありません。

そのため、ゼノブレイド2から始めても問題はありません。

ゲーム内の用語や「ゼノブレイド」と同一人物が出てくるシーンがありますが、続編ではなく別の世界線だと思ってもらえれば。

ただし、「ゼノブレイドシリーズどの作品も気になっているんだ!」「いずれは2以外の作品もプレイしてみたい!」という人は、1作品目の「ゼノブレイド」から始めることをおすすめします!

詳しくはこちらの記事をどうぞ♩
ゼノブレイドシリーズを始める人は必見!難易度やおすすめシリーズなど紹介

エキスパンション・パスについて

エキスパンション・パス(追加コンテンツ)の内容は以下です。

  • 新たなレアブレイド
  • 本編の追加クエスト
  • 冒険をサポートするアイテム
  • 冒険をサポートする機能
  • チャレンジバトルモード ~ノポンの挑戦状~
  • 追加シナリオ「黄金の国イーラ」

追加シナリオ「黄金の国イーラ」はパッケージ版としても発売されていて、本編の500年前に起こった「聖杯対戦」が終わるまでのストーリーを楽しむことができます。
聖杯対戦とは本編ストーリーのきっかけともいえる重要な過去の出来事です。

黄金の国イーラでは、本編の敵組織・イーラの首魁「シン」とそのドライバー「ラウラ」が主人公です。

シンとラウラ

本編にも出てくる人物や、ヒロインのヒカリと当時のドライバーもいます。

戦闘スタイルは本編と少し異なりますが、爽快さはそのまま。
やりこみ要素もあるので、たっぷり遊べますよ!

ナギ

追加シナリオのストーリークリアまでは、だいたい25~30時間くらいでした!

本編から始めた方がいい?

追加シナリオと本編、どちらから始めても内容的には問題ありませんが、個人的には本編から始めることをおすすめします!

追加シナリオで過去に何があったのかを知ってから本編を始めると違った面白さもあるかと思いますが、本編のネタバレ的なことも触れています。

初見で追加シナリオから始めると「天の聖杯って何者?」「ブレイドって何?」となると思うので(本編でしっかり説明あります)、本編から始める方がわかりやすいです。

まとめ

オープンワールドの広大なフィールドの探索や強力なユニークモンスターとのバトル、コンボを駆使した爽快な戦闘。
クリアまで約100時間の超大作です。
圧巻のムービーで魅せる壮大で切ない物語をぜひプレイしてみてはいかがでしょうか(^^)

ナギおすすめの記事 ゼノブレイドシリーズを始める人は必見!難易度やおすすめシリーズなど紹介

ナギ

「任天堂あれこれ。」公式Twitterでは、任天堂のグッズなどの最新情報をまとめています!
フォローよろしくお願いします(‘ω’)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください