【ゼノブレイド2】エルマのオーバークロックギア(OCG)の効果や使い方など徹底解説!

この記事ではゼノブレイド2での戦闘システムの一つである「オーバークロックギア」の解説をしています。

オーバークロックギアとは?

オーバークロックギアとは、エルマ専用のバトルスキルのこと。

エルマが登場する前作の「ゼノブレイドクロス」での戦闘システムで、「ゼノブレイド2」でいうところのチェインアタックのようなものです。

追加コンテンツ「ゼノブレイド2 エキスパンション・パス」でのチャレンジバトル「エルマふたたび」をクリア後、パーティにエルマが加わると使用できるようになります。

効果

オーバークロックギアを発動することで以下のような効果を得ることが出来ます。

  • ダメージ倍率の増加
  • リキャスト倍率の増加
  • 敵のレジスト低下の倍率の増加

ナギ

この効果はパーティ全員が受けられますよ♪

オーバークロックギアを発動中、アーツや必殺技を敵に当てると画面中央の歯車にヒット回数がカウントされていき、これを「ギアカウント」といいます。(最大で1000カウント)

また、必殺技はアーツの5倍カウントがされます。

ギアカウントが増えていくことほど、倍率が増えていきます。

初期値 最大(1000カウント)
ダメージ倍率 125% 600%
リキャスト倍率 150% 300%
敵のレジスト低下 倍率 20% 60%
  • ダメージ倍率…カウント2で1%プラス
  • リキャスト倍率…カウント7で1%プラス
  • 敵のレジスト低下倍率…カウント20で1%プラス

ナギ

とにかく攻撃を多くヒットさせることが上手く使うコツですね♪
オーバークロックギアの効果とギアカウントの対象は、戦闘に参加している全ての敵です。

なので、複数の敵にヒットする範囲攻撃や必殺技はギアカウントを稼ぎやすくなるので、積極的に使っていきましょう!

発動条件

発動条件は2つ。

  1. 戦闘パーティにエルマがいること。
  2. パーティゲージがMAXになっていること。

2つの発動条件が整ったら、エルマにスイッチして【Rボタンと-ボタンを同時押し】で発動することができます。パーティゲージ全消費

仲間にエルマをエンゲージしている場合も、エルマがスイッチされているときに発動が可能です。

有効時間と延長

ギアカウントの横に有効時間を表すゲージがあります。

このゲージが無くなってしまうとオーバークロックギアは終了となります。

有効時間はバトルスキルのレベルによって変動します。

バトルスキルのレベル 有効時間
Lv.1 50秒
Lv.2 60秒
Lv.3 70秒
Lv.4 80秒
Lv.5 90秒

有効時間内にパーティゲージをMAXにして再発動することで延長できますが、延長するたびに有効時間は短くなっていくようです。(約5秒ずつ?)

延長する場合はエルマがスイッチされていなくても再発動が可能です。

デメリット

とても強いオーバークロックギアですが、デメリットが2つあります。

  1. 発動中はチェインアタックが使用できない。
  2. 発動中はパーティゲージが増えにくい。

オーバークロックギアとチェインアタックの併用はできません。

また、オーバークロックギア発動中はパーティゲージが増えにくくなるため、助け起こしのタイミングや戦闘不能には十分注意してください。

まとめ

オーバークロックギアについての解説は以上です。

上手く使いこなすことができればとても強力なので、積極的にバトルに取り入れてみてくださいね(^^)

ナギおすすめの記事 【ゼノブレイド2】最強のバトルスキル「ボールメーカー」の効果と使い方

ナギ

「任天堂あれこれ。」公式Twitterでは、任天堂のグッズなどの最新情報をまとめています!
フォローよろしくお願いします(‘ω’)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください