【ポケモン剣盾】全作既プレイによるプレイレビュー!

Nintendo switchソフトポケットモンスター ソード・シールドが発売されてから1か月が過ぎましたね!

私は今日ようやく図鑑をコンプリートすることができました!(*´ω`)

 

そこで今回は、全作プレイしたナギが実際に1か月プレイして感じたことをレビューをしたいと思います。

これから買おうか迷っている方の参考になれば幸いです!

良かった点

今までのポケモンシリーズと比べ、機能面が改良され快適にプレイすることが出来たということが印象的でした。

進化した良かった点を大きく4つに分けて挙げます。

ワイルドエリアがすごく画期的!

剣盾といえばコレ!!

今作には、『ワイルドエリア』という野生のポケモンがたくさんいるエリアがあります。
一言でいえば、オープンワールドなポケモンですね。

コントローラーの右スティックを動かせば360度自由に視点を動かすことが出来ます。

オープンワールドのゲームっていくつかありますけど、ポケモンではかなり新鮮で初めてワイルドエリアに来たときはめっちゃ感動しました。

 

そして野生のポケモンは今まで通り『草むらでのエンカウント』と、ピカブイのような『シンボルでのエンカウント』の両方あります。

※シンボルとは、下記画像のように草むら以外のところでいるポケモンのこと。

今作初登場のポケモン”アーマーガア”

 

また、ワイルドエリアは毎日天候が変わり、そのたびに出現するポケモンも変わります!

色々なポケモンが出てくるので、お気に入りのポケモンをゲットしてくださいね。

ジム戦がアツい!!

今作では、限られた場所でのみ『ダイマックス』といってポケモンが巨大化しバトルすることができます!

その場所の一つがポケモンジムです。

 

ナギ

ポケモンが巨大化ってどうなの…?

と、正直発売前までは思っていました。(任天堂さんすみません…!)

実際にプレイしてみるとめちゃくちゃアツいです。

 

ジム戦はファンから評判が良く、今作もBGMがとってもカッコいいです。

細かな改良でプレイしやすくなった

些細な事ですが、今作で3点改良されたところがあります。

手持ちの画面からボタン一つでボックスの画面へ

これまでは、ポケモンをボックスに預けたり引き出すときは、わざわざポケモンセンターに行ってパソコンを使っていました。

ですが、今作は手持ちの画面でRボタンを押すことでいつでもどこでもボックスへアクセスできます!

これが本当~に便利でありがたい…!
特にポケモンを厳選するときに捗ります。

図鑑やタウンマップの画面から移動できる

これまでは図鑑で目当てのポケモンの生息地を調べ、わざわざ秘伝技なり別画面に移行して目的地に飛んでいました。

今作では生息地の画面からそのまま飛ぶことができます!

小さなことですが、このワンクッションが無くなるだけで図鑑集めがしやすくなりました。

自転車に乗ったまま海を走ることができる

ストーリーの中盤頃に手持ちの自転車が改造され海を走ることができます。
いわゆる『なみのり』ですね。

こちらも以前までは秘伝技でわざわざアクションを起こさなければいけませんでしたが、自転車に乗ったまま突っ込めるので楽ちん♩

ストレスなくワイルドエリアを探索することが出来ます。

リーグカードを見るのが楽しい

リーグカードとは簡単に言うとトレーナーの名刺みたいなものですね!

今作ではリーグカードを自分で作りインターネット上で交換したり、オンラインで対戦するときに上の画像のようにお互いのリーグカードが公開されます。

背景やポーズ、表情を変えることでパターンが何百通り(もっとかな?)も作れるので、自分だけのリーグカードを作って見せびらかしましょう。

もちろん今作も髪型や髪色、ファッションも自由に変えることができます。



惜しかった点

個人的にここが残念だと思ったところを3点挙げてみました。

ダイマックス時の鳴き声が突出して大きい

丁度いい音量でプレイしていても、ダイマックスをするときのポケモンの鳴き声だけが本当~にデカい(笑)

迫力は出ますが音量を半分にしてしまいます(笑)

 

ゲーム序盤に音量変更機能が追加されるのですが、音量を1でも下げると普段の鳴き声が聞こえにくくなり、2でも下げるとほぼ無音です(笑)
なのにダイマックスではそんなに音量変わらない~( ;∀;)
☝これですね。

今のところテレビの音量を下げるしか解決策は無さそうですね。
一部の音量のバランスが残念でした。

キョダイマックスの捕獲率が低すぎる(泣)

ワイルドエリアでは、ダイマックスしたポケモンを倒して運が良ければゲットすることができます。

なかにはキョダイマックスといった通常の形と異なるダイマックスをするポケモンがいるのですが、異常に捕獲できません…!
出現率が低くバトルすることもレアなのに捕獲はもっとハードルが高い…。

捕獲率が上がることを期待します。

【2020.04.13追記】イベントで期間中であれば一部のポケモンの捕獲率が大幅にアップします。お目当てのキョダイマックスポケモンがいればイベント期間を狙いましょう!

出現するポケモンがやや少ない

今作で追加された新ポケモンを含めると現在のポケモンの数はなんと809匹!!
ですがソフトの容量上などの都合上、809匹ものポケモンは登場しません。

今作では半分の400匹登場するのですが、私のお気に入りのポケモンが数匹リストラされちゃいました。

【2020.02.01追記】2020年6月頃から順次配信予定のエキスパンションパス(追加有料コンテンツ)にて既存ポケモン(全伝説、全準伝説含む)と新ポケモンの追加が発表されました!

まとめ

惜しい点はありましたが、結果的にはめっちゃおもしろい!!
個人的には少なくとも3DS以降のポケモンでは最高レベルでした。

”ポケモン=携帯ゲーム機”のイメージでしたが、今作のダイマックスは迫力満点でテレビでプレイするにはピッタリでした♪
そしてグラフィックや音質は格段に良くなっていました!!

久しぶりにポケモンをする方にとってもこの進化に驚くことかと思います(/・ω・)/

ぜひプレイしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください