新型Nintendo Switch有機ELモデルのメリット・デメリットは?現行Switch(液晶)との違い【スペック・予約情報まとめ】

Nintendo Switchの新型モデル「Nintendo Switch 有機ELモデル」が2021年10月8日(金)に発売されます!

現在発売されている現行モデルは「液晶ディスプレイ」なのですが、新型モデルでは「有機ELディスプレイ」が搭載されます。

「液晶」と「有機EL」って何がどう違うの?

イカちゃん

ナギ

この記事で液晶との違い「有機EL」のメリット・デメリットを説明していくよ!
この記事に書いてあること
  • 新型モデルの概要
  • 現行モデル(液晶)と新型モデル(有機EL)の違い
  • 有機ELのメリット・デメリット
  • 新型モデル予約情報まとめ(9月中旬~)
注目~🍅

新型Nintendo Switch(有機ELモデル)概要

発売日 2021年10月8日(金)
希望小売価格 37,980円(税込)
カラー
  • ホワイト
  • ネオンブルー、ネオンレッド
画面サイズ 7.0インチ
本体サイズ
※Joy-Con取付け時
縦:102mm
横:242mm
厚さ:13.9mm
重さ
※Joy-Con取付け時
420g
容量 本体保存メモリ64GB(データを保存できる容量はシステム領域を除いた容量です。)
バッテリー持続時間 4.5~9時間(目安です。遊ぶソフトによって異なります。)
充電時間 約3時間(スリープ状態で充電時)
機能
  • 有機ELディスプレイ
  • 有線LAN端子が搭載
  • フリーストップ式ワイドスタンド
  • スピーカーが新しくなりクリアなサウンドに

各Nintendo Switchとのスペック比較は、任天堂公式サイトよりご覧ください。

カラーは2色

ドックに有線LAN端子が搭載されたことで、テレビモードでオンラインプレイをしたときの回線が安定します。(もちろん今まで通り無線LANでのプレイも可能です。)

ナギ

有線LAN端子を搭載されたことで回線落ちが少しは減りそうです!

背面のスタンドは「フリーストップ式スタンド」になり、テーブルモードでプレイするときの安定感が増し、さらに自分の好きな角度に調節できるようです。

また、画面の縁が狭くなったことで、本体サイズはほとんど変わらないまま画面サイズが大きくなりました。

有機ELディスプレイとは?液晶との違い

新型モデルで一番の目玉である「有機ELディスプレイ」とは一体どのようなものなのでしょうか?

公式ではこのように説明があります。

通常の液晶ディスプレイのように画面全体を照らすバックライトが存在せず、ピクセル一つ一つの有機EL素子が自ら発光することで画像を表示するディスプレイのことです。
ピクセルの発光をオフにすることで深い黒色を表現できることが特長です。黒が引き締まるため明暗差がはっきりし、ハイコントラストで鮮やかな映像を映し出すことができます。

引用:任天堂公式サイト

「液晶」と「有機EL」の構造の違いをイラストにするとこんな感じになります!

ナギ

壊滅的に下手くそな絵ですみません…💦

有機ELの構造はとてもシンプルで、液晶のバックライトで照らして色や映像を映し出す構造と違い、カラーフィルターのピクセルが独立して光ります。(自発光といいます。)

ここで余談
有機ELディスプレイのテレビに薄型が多いのは、このように液晶と比べて構造がシンプルだからです(^^)

メリット

有機ELのメリットは、色のコントラストがはっきりして映像が綺麗に再現されるということ。

現行Switch(液晶)と新型Switch(有機EL)のイメージを比べると一目でよくわかります!

画像引用元:All About 20thデジタル

液晶の場合、バックライトの光により色が薄くなってしまったり、暗い部分が薄明るくなってしまうため、少しボヤけたコントラストの弱い見え方になります。

一方で有機ELの場合は、バックライトは無く各ピクセルが独立して光る(自発光)ため、真っ黒に近い表現も可能。
肉眼で見たままのようなコントラストの高い見え方になります。

黒がはっきりと際立つことで、周りの色や光がより綺麗に映ります。

ナギ

とにかく色が薄くボヤけず、黒もはっきり!
肉眼で見たままのような綺麗な映像になるみたいですね。

デメリット

Nintendo Switchにおける有機ELディスプレイのデメリットは大きく2つあります。

  1. 画面の焼き付き
  2. 映像の輝度の劣化

①画面の焼き付き

「画面の焼き付き」とは、長時間同じ画面のままで放置してしまうと残像として画面に残ってしまうことです。

ゲームでいうとステータスを見たり強化するときなどは、同じ画面でしばらく留まることがありますよね。

液晶でも焼き付きは起こるのですが、自発光(ピクセルが独立して光る)の有機ELの方が焼き付きが起こりやすいです。

有機ELディスプレイのテレビであれば、大抵メンテナンスモード(焼き付き防止のため一時的に画面を暗くすること)があるようですが、Nintendo Switchでその機能があるかは今のところわかりません…。

②映像の輝度の劣化

使っていくうちに映像素子が劣化していくと、明るさが無くなってきて少しボヤけた見え方になってしまいます。

液晶でも劣化はしていきますが、有機ELの方が劣化が早いです。

テレビであれば、

有機EL…約10年

液晶……約15年

これくらいは持つと言われているので、まぁ10年もSwitchを現役で使う人は少ないと思うので(次世代機が出ると思いますし)、数年使う分には特に心配は無さそうですかね。



予約情報まとめ

Nintendo Switch有機ELモデルの予約開始時期は、9月中旬頃です。

予約開始次第、こちらにまとめていきます。


まとめ

新型Nintendo Switch(有機ELモデル)の紹介は以上です。

現行Switchの液晶と比べると、有機ELは色のコントラストがはっきりしていて肉眼で見たままのようなとても綺麗な映像が再現されます!

その点、液晶よりも「画面の焼き付き」や「映像素子の劣化」が早いと言われていますので、自分のライフスタイルに合わせて購入を検討されることをおすすめします♪

ナギおすすめの記事 【考察】スプラトゥーン3の発売日はいつ?ストーリー設定の伏線解説とアイドル予想

ナギ

「任天堂あれこれ。」公式Twitterでは、任天堂のグッズなどの最新情報をまとめています!
フォローよろしくお願いします(‘ω’)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください