【スプラトゥーン2】逆転負けを無くす方法はラスト30秒の立ち回り!逆転負けの原因と対策を解説

スプラトゥーン2のガチマッチをしていると、「このまま勝ちだ~!」と思っていたら最後の最後でまさかのリードされて逆転負け…なんてこと結構ありますよね~…(´;ω;`)

ナギ

今はウデマエALL Xの私も、これまでA帯やS帯で戦っていたとき、何度も逆転負けをして悔しい思いをしてきたのよ…

S+帯で伸び悩んでいた頃、”ラスト30秒の立ち回り”を意識したおかげで逆転負けがグンと減り、反対に逆転勝ちすることも増えました!

今回は、ガチマッチで逆転負けを無くすラスト30秒の立ち回りを紹介します😉

逆転負けする原因

逆転負けしてしまう原因は、大体が以下のような流れです。

  1. 試合終了間近で、勝っている状況なのにも関わらず無理やり攻めてしまう。
  2. 敵にやられて人数不利になる&スペシャルウェポンのゲージが減少する。
  3. 反対に、敵は倒したことで人数有利&スペシャルウェポンが溜まる。
  4. 敵チームは最後の追い上げで攻め込んでくる。(溜まったスペシャルウェポンもここで使ってくる。)
  5. 逆転されると思って、こちらはスペシャルのゲージが溜まらないまま焦って突っ込んでしまい、敵にやられてしまう。
  6. そのまま逆転負け…

試合終了間近で無理やり攻めてしまい敵にやられることで、このような負の連鎖から逆転負けに繋がってしまいます…。

人数不利でも撃ち合いに勝てたら良いのですが、基本的には戦力的にやはり不利になります。

ナギ

撃ち合いには自信がない…という人は、次で解説する立ち回りを参考にしてみてください😊

立ち回りの解説

逆転負けを無くす立ち回り

ずばり、ラスト30秒でこちらがリードしているのなら、攻めずに守りに徹する!!

カンタンに言うと、これを意識するだけです。

両チームのカウント状況にもよりますが、よほど僅差でカウントが10とかほとんど進んでいないなどの理由以外では、無理やり攻める必要もないですよね。

大幅にリードしているのなら、なおさら攻める必要はありません。

 

ラスト30秒は無理やり攻めずに敵にやられないように意識し、試合終了前や延長戦の敵の最後の追い上げに対処できるようにスペシャルウェポンを溜めておきましょう!

ナギ

これだけで逆転負けがかなり少なくなりますよ~

逆転勝ちを増やす立ち回り

逆転勝ちを増やすには、さっきの反対の立ち回りをすればいいですね!

具体的には、意地でも延長戦に持っていくこと」と、もう一つ「最後の1秒まで絶対に諦めないこと」です。

 

まずは「意地でも延長戦に持っていくこと」

ラスト30秒くらいになったらスペシャルウェポンのゲージを溜めて、とにかく意地でも延長戦に行くようにしましょう。(例:「ガチアサリ」ならアサリをとにかく10個かき集めてボールを作る。)

ガチアサリとかは特に、意識しておかないと試合終了時にガチアサリが無くて延長戦に入らないことが多いですね。

 

それから「最後の1秒まで絶対に諦めないこと」

実際に、試合終了前の1秒で奇跡の逆転勝ちをした動画があります。

▼動画の解説

ガチホコで試合終了20秒前で敵チームが大幅リード、ホコを自陣に持ち帰っている状況です。

敵はほとんど籠城状態でホコショットで牽制し、私含めて味方も近づけずほぼ諦めモードです(笑)

ここで私は間に合わないと思いながらも裏取りしに行き、勝ち確と煽っていた敵を最後の1秒で倒して逆転勝ちとなりました。

ナギ

相手方には申し訳ないけど…めちゃくちゃスカッとしました( ´艸`)w
敵は最後に油断したことが原因で、結果的に大戦犯になってしまいました…。

最後の5秒10秒でもかなり重要になってくるので…とにかく最後の最後まで足掻きましょう(笑)

まとめ

逆転負けする主な原因は、試合終了間近で無理やり攻め込んでしまうことで起こる負の連鎖。

逆転負けをしないためには、ラスト30秒で攻めずに守りに徹することが重要です!

逆転勝ちをするには、それとは反対に延長戦に向けて攻めこむ準備をし、さらに最後の1秒まで諦めないことが肝心です。

このように意識をすることで、逆転負けが減り、逆転勝ちが増えて、勝率も上がっていくかと思います♪

ナギおすすめの記事 【スプラトゥーン2】戦犯になってない?ガチマッチでしてはいけない4つの立ち回り【スプラトゥーン2】慣性キャンセルのやり方を解説【機動性が超アップ!】

ナギ

「任天堂あれこれ。」公式Twitterでは、任天堂のグッズなどの最新情報をまとめています!
フォローよろしくお願いします(‘ω’)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください