導入液とは?初めて使う人にもおすすめの導入液を紹介

洗顔後のスキンケアをするときに使う「導入液」。
言葉は聞いたことがあるけれど、どういう効果があるのか知らない人もいるのではないでしょうか?

今回は、

  • 導入液の効果や使い方などの説明
  • 初めての使う人にもおすすめする私が使っている導入液

を紹介します!

導入液とは?

導入液には、肌の角質を柔らかくして化粧水や美容液などの浸透力を高める効果があります。

「ブースター」や「プレ化粧水」等とも呼ばれています。

 

導入液を付けると化粧水などがグングン肌に入っていくので、成分が肌の奥までしっかり浸透してくれます♩

ナギ

私は、混合肌で毛穴の開きが気になるので、毎日朝晩つけていますよ!

紫外線を浴びた日は、美白効果のある化粧水などをつける前に導入液を使うことで、美白成分が浸透しやすくなり、シミやそばかすを予防する効果が高まります。

こんな人に特におすすめ

導入液は化粧水がしっかり入ることで保湿力が高まるので、特にお肌の悩みが無くてもぜひ使いたいアイテムです。

その中でも、特に使用をおすすめするのは以下のような人です。

  1. 乾燥肌でカサカサする。
  2. 脂性肌で皮脂が出やすい。
  3. 乾燥や皮脂で化粧が崩れやすい。
  4. 毛穴の開きが気になる。
  5. お肌のくすみが気になる。

ほとんどのお肌の悩みの解決に直結するのが『保湿』です。

脂性肌で皮脂が出やすい人も、保湿を怠ってしまうことで乾燥により過剰に皮脂が分泌されてしまいます。

導入液を使って、しっかり化粧水で保湿することで、これらのお肌の悩みは軽減されますよ(^^)

使うタイミングと使い方

導入液を使うタイミングは、化粧水の前。
つまりスキンケアの一番初めに使います!

使い方は、洗顔後に化粧水と同じように適量を手やコットンに取って、顔全体になじませます。

導入液をつけたあとは間隔をあけてから化粧水をつけた方がいい?

すぐに化粧水をつけずに、導入液が肌に浸透してから化粧水をつけましょう。

導入液に関わらず、化粧水や乳液なども肌に浸透してからつけます。
浸透する前に次の液をつけると、それぞれの成分が混ざってしまいます。
ただし、間隔をあけすぎると、かえって乾燥してしまうので気をつけましょう!

使用期限は?

商品や保管状況によりますが、開封後は3か月以内を目安に使い切ることをおすすめします。
(使用期限に関係なく、できるだけ早く使い切りましょう!)

変色・変質など見られた場合は、使わないようにしましょうね。


初めて使う人にもおすすめ!私が使っている導入液

私は、毎日朝晩の洗顔のあと、必ず導入液をつけています(^^*)

使っている導入液は無印良品の導入化粧液です♩

 

化粧水や導入液をたっっぷり使いたい私には、無印の導入液はコスパも良くて助かっています!
2290円(税込)で朝晩使用で3カ月ほど持ちます。

何本目かわからないほどリピートしている導入液です♩

無印の導入液は、

  • 無香料
  • 無着色
  • 無鉱物油
  • 弱酸性
  • パラベンフリー
  • アルコールフリー

無駄な添加物がなく、お肌にも安心ですよ(*´ω`)

 

無印の導入液のあとに化粧水やパックをすると、液が肌にグングン入るので、液だれがしにくいです。

ナギ

初めて導入液を使う人や、どの導入液を使おうか迷っている人には、まずは無印をおすすめします♩

最後に

気軽に成分や保湿力を高められる導入液。
ぜひ取り入れてみてくださいね。

ナギおすすめ記事はこちら
『オルビスユー 7日間体験セット』を開封レビュー!1週間スキンケアして変わったこと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください