【レビュー・感想】ポケモンダイパリメイク(BDSP)は買うべき?原作との違いを紹介

ついに発売されましたね~ダイパリメイク!

ダイパは今プレイしても本当に名作なので、15年経ちNintendo Switchでどう生まれ変わったのかとても気になりますよね🥰

 

今回の記事では、「ポケットモンスター ブリリアントダイアモンド・シャイニングパール」を実際にプレイしてみて感じたことなどをレビューをしていきます。

変わらず面白くて進化している点もたくさんあったのですが、個人的に気になる点もありました。

購入しようか迷っている人はぜひ参考にしてみてください♪

ゲーム概要

ソフト名 ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール
発売日 2021年11月19日(金)
希望小売価格
(税込)

各6,578円
【ダブルパック】13,156円
※商品画像はダブルパックです。
対応機種 Nintendo Switch/Nintendo Switch有機ELモデル/Nintendo Switch Lite
販売形態 パッケージ版/ダウンロード版
CERO A
ジャンル RPG
プレイ人数 1人(対戦、交換など…2人~4人)
通信機能 ローカル通信対応、インターネット通信対応

2006年に発売の「ポケットモンスター ダイヤモンド・パール」のリメイクです。

多くの神話が残る自然豊かな「シンオウ地方」が舞台。
ある日、湖のほとりで野生のムックルに襲われた主人公とその幼馴染は、その場に落ちていた博士のカバンからポケモンを出して戦ったことをきっかけにポケモン図鑑を完成させるための旅に出ます。

画像引用元:公式サイト

ナギ

北海道をモデルにした地方となっています♪

2つのソフトの違い

ストーリーなど基本的なものは同じですが、それぞれ出現する一部のポケモンや伝説のポケモンが違います。

カラサリス、スカンプー、マネネ、ヤミカラス、ズガイトス、ディアルガ、ライコウ、エンテイ、スイクン、ホウオウ
マユルド、ウソハチ、ムウマ、ニャルマー、タテトプス、パルキア、ファイアー、サンダー、フリーザー、ルギア

画像引用元:公式サイト



実際にプレイしてみた感想

戦闘は臨場感があってカッコイイ!

戦闘は剣盾と同じ3Dになり、BGMもリメイクされていて臨場感が増していました😊

原作の2Dの戦闘もあれはあれで私は大好きなのですが、今作は現代風でまた違った雰囲気で楽しめました。

育成やひでんわざの使用などがとても楽に!

全体的に剣盾のようにゲーム内の操作やシステムが便利で楽ちんになっていました😊

原作の時はまだ「がくしゅうそうち」があった時代だったと思うのですが、今作では剣盾のように「がくしゅうそうち」は無く、手持ちのポケモン全体にけいけんちが入るシステムです。

パーティのレベルアップがとても楽になり、育成がしやすくなっていました!

 

また、ひでんわざはポケッチからRボタン一つでいつでも使用できるので、ひでん要因のポケモンをわざわざ連れ歩かなくて良いし、ポケモンセンターへ引き出しに帰らなければいけない…なんて手間も無くなっていました!

ひでん技を気にせず好きなポケモン6体で旅が出来るし、これは本当~にありがたいですよね(*´ω`)

 

ポケモンをボックスに預けたり引き出すときは、わざわざポケモンセンターに行く必要もなく、手持ちの画面からパソコンのボックス画面に移動することもできます!

地下大洞窟の探索が楽しすぎる

原作でもありましたが旅の途中で「たんけんセット」を入手すると、シンオウ地方全土の地下へ潜って大洞窟の中を探索することができます。

化石掘りをしたり、新しい追加要素として秘密基地を作ったり、レアなポケモンを捕まえることができます♪

これが本編より楽しいといってもいいくらい( ´艸`)笑
秘密基地はいつまで経ってもロマンがありますよね♪

かなり広いので本編を進めるのを忘れてめっちゃ探索して秘密基地作ってます。(おかげでストーリー進みません…笑)

欲をいえば、秘密基地にポケモンの銅像以外にルビサファみたいに家具やインテリアも置きたかったです。

自由に着せ替えできないのが惜しい

今作では主人公の服装や髪形を初期状態から変更できるようになっています♪

ですが、一つ一つ自由に髪形やコーディネートを決められるのではなく、全身まとめてゴッソリ変わる感じになります。

バリエーションに限りがあるので、自分だけのオリジナルを作ることはできません。

これも可愛いけどもうちょっと自分の好きな風に変えたかったかなぁ(´ー`)

キャラクターの見た目が微妙?

キャラクターの等身が寸胴すぎてこれに関しては発表時から賛否ありましたね💦

正直私も少し違和感ありましたが、プレイして慣れてくると動きとかコロコロしてて意外と可愛いと思えるようになりましたw

それより障害物に引っかかりやすいのは私だけ?笑

原作以降に実装された新要素は無し

原作以降に実装された要素(メガシンカ、ダイマックス、Zわざ)は今作にありませんでした。

また、XYで実装された「フェアリータイプ」は今作で追加されているので、原作とタイプ相性が少し変わっています。

さいごに

「ポケットモンスター ブリリアントダイアモンド・シャイニングパール」のレビューは以上です。

育成がしやすく便利な機能も増えているので、原作と比べて難易度が易しくなりプレイしやすくなっていました😊

地下大洞窟の探索もやりこみ要素が増えたので、たっぷり遊べて良かったです。

2022年1月に発売される「ポケットモンスター レジェンズアルセウス」は本作と同じシンオウ地方が舞台なので、発売までの2カ月間にプレイされることをおすすめします(*´▽`*)

ダイパは本当に名作なので、ぜひこの機会にプレイしてみてくださいね♪

ナギおすすめの記事 【ポケモンセンター福袋】ピカピカボックス2022抽選応募予約の開始日はいつから?

ナギ

「任天堂あれこれ。」公式Twitterでは、任天堂のグッズなどの最新情報をまとめています!
フォローよろしくお願いします(‘ω’)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください